--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 07. 21  
前回に続き、スカパーe2で放送されたナショナルジオグラフィックチャンネルの番組「黙示録 カラーで見る第二次世界大戦」の紹介

フランス戦車爆破

全体的に見た感想は、作品はすばらしいできなので、もっと長く見たかった。この第二次大戦という人類史上最大規模の戦争を、5時間程度にまとめるというのは、きびしかったのかもしれない。たとえば、ノルマンディー上陸作戦のあたりも、ものたりなかった。しかし、全編をひとコマひとコマ、カラー化(一部ホロコーストに関する部分は意識的にか、モノクロ映像である)したのだから、この時間でもたいしたものである。

また、歴史の勉強になるという意味で、多くの人におすすめできる作品だと思う。

Apocalypse The Second World War SHOCK PART 2.flv_000268086

再放送は、8月にあるようだが、ナショナルジオグラフィックチャンネルにはリマインダーというサービスがあり、放送日が近くなるとメールで知らせてくれる。

このチャンネルには、このほかにもいろいろ興味深い番組があり、おすすめである。特に水曜は「陸海空ミリタリー」特集があり、戦車について科学的に検証した番組もある。他にも火曜の「検証アンビリーバブル」特集にも、日本ではあまり知られていないような、戦闘やテロの事件についての、再現番組などがある。

スカパーe2ではこの他、ティスカバリーチャンネルやヒストリーチャンネルがおすすめだが、8月は終戦記念日があるということで、戦争関係の特集があるようだ。ヒストリーチャンネルでは秘録・第二次世界大戦(全26話)が放送予定で、今から楽しみである。
スポンサーサイト
2010. 07. 12  
前回に続き、ナショナルジオグラフィックチャンネル(スカパーe2)の番組「黙示録 カラーで見る第二次世界大戦」の紹介

写真は、ドイツ軍に捕獲されたフランス戦車 シャール B1 bis
戦車B1 bis

6回のシリーズそれぞれの内容は、番組のHPで詳しく紹介されているのでご覧ください。

簡単に記すと、
#1 ヒトラーのヨーロッパ侵攻  (The Aggression)(1933-1939) ナチズムの台頭からポーランド侵略まで

#2 ドイツの電撃戦 (Crushing Defeat)(1939-1940) 静かな西部戦線の様子からフランスへの侵攻まで

#3 大量虐殺 (Shock) (1940-1941) ドイツ対イギリスとの戦いから、アフリカ戦線、バルカン半島の戦い
  そして ソ連進攻

#4 真珠湾攻撃 (World Ablaze)(1941-1942)モスクワ他への進攻作戦。太平洋戦争の様子。

#5 上陸作戦 (The Great Landings)(1942-1943) ドイツ軍のスターリングラードや北アフリカ戦線での敗北。
  連合軍のシチリア上陸

#6 原爆投下 (Inferno) (1944-1945) イタリア本土での戦い、ノルマンディー上陸作戦からドイツの敗北。
  ミッドウエーから始まる太平洋での日本軍の敗北から、原爆投下による日本の降伏。

Apocalypse The Second World War THE AGGRESSION PART 3.flv_000017251

最初の方で、印象に残ったのは、トラックのかわりに馬や馬車を使い、戦争への準備が整わないまま、戦線布告してしまったフランスの様子である。フランスは本気で戦争するつもりはなかったのだろう。事実宣戦布告はしたものの半年以上も、ほとんどドイツとの戦いはなかった。フランスの誇る巨大要塞マジノラインの様子なども紹介されている。

また、ドイツ、イタリアだけでなく、イギリスを含め世界中にファシズムの信奉者がいたという事実も、カラー映像で見るとまた新鮮である。これは当時、台頭してきた共産主義に対する反動なのだろう。

続く・・・
2010. 07. 11  
Apocalypse The Second World War SHOCK PART 2.flv_000260945

最近ある番組を見るために、スカパーe2に加入した。その番組はヒストリーチャンネルなのだが、ミリタリー(軍事、武器等)系の番組を時々放送してくれる。スカパーにはその他にもティスカバリーチャンネルやナショナルジオグラフィックチャンネルが、ミリタリー系の番組を放送している。私の好きな戦車の特集もあるのだが、今回紹介するのは、第二次大戦を当時のフィルムを使って作ったドキュメンタリーTVである。

最初はNHKで以前放送されたものと一緒だと思っていたのだが、間違いであった。これは推測なのだが、NHKで放送したものは、この番組を再編集して半分ほどに短くしたものだと思う。この番組「黙示録 カラーで見る第二次世界大戦」は、約50分の内容を6回放送している。対してNHKのものは、45分を3回である。

それはともかく、偶然見ることになったわけであるが、そのできがすばらしかったので、紹介することにした。

Apocalypse The Second World War THE AGGRESSION PART 3.flv_000067467

この番組の原題は、Apocalypse: The Second World War といい、2009年にWW2勃発70周年を記念して、フランスで作られたらしい。もちろんナショジオチャンネルでは、日本語吹き替え(2ヶ国語放送)で見ることができる。

特徴は当然、カラーで見れることであるが、オリジナルのカラーフィルムやモノクロに着色したものを使ってるらしい。最新の技術でハイビジョン化したのでしょうが、その貴重な映像たちはすばらしいものであった。

また映像だけでなく、その構成も一般市民や一兵士の手紙なども交えながら、ストーリーを楽しめるようになっていた。
全6回のシリーズなのだが、ナチの台頭から始まり日本の降伏までを、時系列にそって描いているので、第二次世界大戦の様子がわかりやすく描かれていたと思う。 続く

Apocalypse The Second World War THE CRUSHING DEFEAT PART 1.flv_000558926
フリーエリア2
フリーエリア1
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

オットー

Author:オットー
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。