FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 04. 12  
P1080309.jpg
ディスカバリーチャンネルの世紀の戦車対決シリーズは、戦車好きには大変興味深い番組だ。
このシリーズは、世紀の戦車対決 歴史に残る戦車戦を、CG や当事者の証言、専門家の分析を交えて再現する当時の映像記録や実録映像さながらのCG などを通し、第二次世界大戦から湾岸戦争まで、機甲部隊の歴史的な戦いを再現させている。

P1080313.jpg



先日見た番組は、「 ドイツの戦車-第二次世界大戦-」だ。ドイツ戦車好きな私が見逃すはずもない。
内容は、大戦初期の西部戦線の電撃戦の様子だった。
P1080307.jpg


戦争映画などには、けしてでてこないような、FCM36のようなかわいいwフランス戦車たちがでてきた。
P1080305.jpg
P1080301.jpg

CG自体は、ひと世代前のPCゲームとうかんじではあるが、それでも当時の戦車たちを再現して戦闘させてくれるのはありがたい。

P1080306.jpg

印象深かった話は、フランスがほこる重戦車、ルノーB1ビスと3号戦車の戦い。3号戦車の非力な37㎜砲では正面切っては、かなわない。そこで、ドイツ軍戦車隊は、オオカミのように群れをなして複数の戦車で、B1ビスをかこみ、側面などの装甲の弱い部分を撃ち、次々と撃破したそうだ。


P1080308.jpg

そのほか、88㎜砲の伝説は生まれた、イギリス戦車対88ミリ砲の戦いの話も興味深い。

P1080312.jpg

もしまだ見ていないのなら、ぜひ一度見ることをおすすめすする。
cover1-e1333686328804.jpg










2011. 01. 03  
ボービントンで行われた、リエナクトメントの続き


突撃砲リエナクト

優勢だったドイツ軍に対して、米軍も戦車を繰り出して反撃に転じます。

シャーマン対と突撃砲

m3グレイハウンドリエナクト

P1030358.jpg

最後は物量にものを言わせた、米軍が勝利しドイツ軍は降伏した。
ドイツ軍降伏1

ドイツ軍降伏2

こうして本物のティーガーⅠ型戦車を使ったリエナクトメントは、無事終了しました。

日本では、考えられない本物の戦車や大砲を使ったリエナクトメントは、欧米では、大変ポピュラーでうらやましいがぎりです。なかには、武装列車や飛行機が繰り出すものや、町ごと使ったものや、軍が協力しているものや、いろいろすごいイベントがあるので、興味がある方はyoutubeなどで捜してみてください。
2010. 12. 29  
リエナクトメントで活躍する88mm対戦車砲PaK 43/41
88.jpg
「アハト・アハト」私は、大砲に詳しいわけではないが、これだけは、別格である。(実は37mm砲や列車砲なんかも好きだったりする)88mm砲はご存知、ティーガーに搭載された対戦車砲である。

8.8cm FlaK 18/36/37もともとは、高射砲として開発されたが、対戦車砲や野砲として使えるようにできていたため、第二次大戦初期、火力が劣っていたドイツ軍戦車に代わって、連合軍の戦車を撃破して活躍した。ドイツ陸軍第7装甲師団がフランス戦線で、ルノーB1など重装甲の連合軍戦車の反撃をうけた際、師団長ロンメル将軍が8.8 cm FlaK18を使い、敵戦車を撃退してその名をとどろかせた。

ノルマンディーにあるグランド・バンカー博物館に展示されている高射砲タイプの8.8cm FlaK 18 (砲身の形から推測したのだが、砲身だけ18の物で、砲架は違うかもしれない)
P1010758.jpg

ソーミュール戦車博物館に展示されているFlak36または37
P1020189.jpg
昔、プラモて作った時は、パーツが細かくて苦労したことは今でもよく覚えている。苦労して作った宝物のようなプラモたちは、ある日、鬼のような父によってすべて破壊されてしまった。それ以後、二度とプラモを作ることはなかった。
P1020192.jpg

このほかにも、ハチハチはロンドンでも見たが、だいぶ昔のことなので、写真はない。



フリーエリア2
フリーエリア1
ブログ内検索
最近のコメント
プロフィール

オットー

Author:オットー
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。